SF300冊読みました。

SF小説を300冊読みました。 SF100冊読みました。 - orange21 document SF200冊読みました。 - orange21 document この致命的な不可逆についてあまりに過小評価していたことを 発見したのは最近のことで、頭を抱えた。 つまり最初に読みはじめてから丸五年経…

玉掛けを知っていますか。

玉掛け、はクレーンで鉄骨やなにかを吊るときに ワイヤーで結わえ付けたり外したりする作業のことだ。 それをするために一つの資格が必要になる。 造船所では働くために何かをしようとすると一々資格が必要になる。 五年も働けば十や十五の資格を資格を持つ…

SF200冊読みました。

SF小説を200冊読みました。 名作やオールタイム・ベストを検索して片っ端から読書メーターの読みたいリストに突っ込んだものを下から順々に消化していく方法を取りました。リストは84冊残っているのだけれど、残りはLocusのalltime bestが殆どで、あまり日本…

クソゲーオブザイヤーのまとめを待ち続けている

もう五年?十年前にもなるのだろうか。祖父が死んだ。 顔に白布をかけられ、布団に横たわる祖父の亡骸に触れた。 冷たい人体は人体に感じない。ゴムのようだ。 出棺の直前、花を放り込んでいる時、祖母は 祖父の顔にペタペタと触れ、泣きながら 「今まであり…

マンインザミラ

付き合いを断ちたいと思うほど我慢ならない人間というのはそうそういるものではないが、たまにはそういう人間も現れる。あの彼のこれこれこういうところが全く気に入らないし、とんでもなくおかしいことだ、と人を相手に愚痴を漏らしたところ、翌日に全く同…

ことば

日曜に、恩師である佐藤晃一の展示に赴いた。グラフィックデザイナーの展示としては規模がとても大きい。これより大げさなものとなると田中一光の展覧会ぐらいか、と思う。会場の一角ではポスターを解説する対談ビデオが流れていて、一時間半ほどの尺だった…

良くなる

人は変わる。主に、良くなる。インターネットを見ていると、友人がブログを書き続けているうちに内容がどんどんおもしろく変化していき、感心するようなことを言うようになったりするのを時々見る。とんでもなくヘタクソな絵を発表し続けてるうちにどんどん…

裾を折る

最近履いているジーンズのスソが折りっぱなしになっている。 というのも、糊付けしてみるかと洗濯のりの原液を塗りつけたところ、 あまりに硬質化し指で弾けばパンパンと小気味良く音を立てる始末。 まるでボール紙のようで、一度折ってしまったスソを戻すに…

六月

一人暮らしを始めて一年と少し経つ。 引っ越してすぐの頃は毎日毎週自転車で駆けずり回ったのだけど、 最近は余りそういうことをしなくなった。理由は別にないと思う。 ホーソン実験のような何かだ。 六月になり、窓から日差しがよく入ってくるようになった…

考えない

htmlでweb日記を書いていたころは日に何度も更新したし、 それがmixiになってからも、日に何度も日記を書いた。 おまけに加筆修正も頻繁だった。それからtwitterがあらわれて、 まぁまた凝りもせずに今に至るまで15万も投稿している。 それでもまとまった文…

2014

去年一年何をしていたのだか、あまり記憶がない。 漫然とすごして、そのまますうっと、すぎていったように感じる。 ブログを読み返して思い出すには、 一人暮らしを始めたことは大きな変化の一つではある。 そんなことも思い出せないのだから、きっと色々忘…

掃除機を買う

掃除機を買った。 確か東芝製のもので、小さい、一万六千円ぐらいのものだ。 暖房と照明とMacをつけていて、ブレーカーが落ちやしないかと 思いながらプラグを突っ込んでスイッチを入れる。動いて安心する。 キャスター付きの本体からホースが伸びている形の…

佳恵リターンズ

いつから会ってないのか、記憶を掘り返してみて、三ヶ月を超した時点で、 え、待てよ、ひいふうみいと指で数えてしまった。 すごい、五ヶ月もあっていない。半袖短パンではとうとう会わなかった。 毎日SNSとかSkypeとか、ネットを通じて連絡を取り合っている…

それは呪いだな

それは呪いだな、 などと一度言ってみると、妙に便利で なんでもかんでも呪いに思えて来てしまう。 呪いとはなんぞや。何かは知らないが、個人的に会話で使う時は、 過去いずれかの決断に依拠して以後 避けがたくつきまとう払拭しがたい弊害のようなもの、を…

かたづけ、しまう

しまう、というのは、出す、ということだなと気づく。 先日、友人と話していて片付けや収納の話をしていた。 自分としても、あまり整理整頓や掃除、 片付け、どれも得意ではない。 それが得意ならもう少し上手に人生がすごせただろう。 実家の自分の部屋は大…

オシャレ

せっかく都内に引っ越したのだから、 新宿に映画を見に行くにも自転車で行っちゃうよ、 などと調子にのってチャリンコ漕ぎだしたものの、 思ったよりもまったく時間がかかってしまって 結局上映三分前に到着していそいそとチケットを買った。 帰る道すがら、…

遺物を供養

gmailの下書きを見ていたら、SFを盛んに読んでいた頃に 感化されて、なにかそういう小説みたいなものが出来ないかと カタカタ打ち込んだけど、あ、出来ねえや、とほっぽった文章が出てきたので ここにコピペして供養しておきますね。 「例えば皮膚に分化して…

引越しました。

もう一ヶ月以上も前になってしまうけれども、引っ越した。 横浜市の辺境にある実家から、都内へ、 洗面所もない狭小なワンルームに一人で暮らしている。 以前も実家を出ていたが二人で暮らしていたのだけれど、 一人暮らしというのは実のところこれが初めて…

愛し愛され

私は果たして愛されるのだろうか、いや 私ってとうとう愛されないのではないだろうか、 という不安は結構ポピュラーな悩みのようで、人からよく聞く。 あんまりによく聞くので不自然に思ったことがなかったが、 よくよく思い返してみれば自分自身はそのよう…

もう若くない、と言うつもりはないが、もういい歳になってしまった。 なぜだか産まれてこの方ずっと、「もう◯歳なのに」と思ってきたと思う。 フィクションのなかの年齢設定を真に受けてきたのだろうか。 中学から高校に上がれば何かがあるものかと思ってみ…

冬 住まう

用を足して廊下に出て無造作に息を大きく吸い込んだ折、 空気が無臭であることに気づく。 少し前はよその家のにおいがしたものだ。 まる二年間、実家を出て暮らしていて。 その実家にふらっと戻ってきてからもう一年経つ。 自分が都心の方へ引っ越していった…

2012年 読んだSFベスト10

去年はSFを100冊強読んだ。こういう事をした場合、 普通はベスト3なりなんなりを発表するものだろうと思いつつ、 そういう記事を書いて来なかった。 理由は幾つかあって、その1つはどれがどれより良いとか あるいいはどれが一番良いとか、決めかねるからとい…

入れると出てくる

何かを見たり聞いたりするとそれについて 一言いいたくなってしまう性癖があるみたいだ。 最近はSF小説のことばかり言っている。 映画も音楽も(特に映画は)大して詳しいわけじゃないのに、 なんだかよく妙に断定的な事を言っているのだけど、 誰も「それ違…

アフターアースの予告編を見てきた。

土曜日の昼にアフターアースの予告編を見てきた。 当ブログの読者であれば当然ご存知の事と思うが もし、万が一忘れてしまった方の為に解説すると、 アフターアースとは、主演に近年ヒットを飛ばしている大スターの ウィル・スミス、ジェイデン・スミス親子…

感謝とか小説とか

人に感謝を示すのは難しい。恩を返すのは難しい。 心地よくさせるのは難しい。なんか、どうしてか難しい。 どうも感謝や慎みや申し訳というものにどうもに欠く人間なので あんまり考えたことがなかった。 その気になったら人の恩に報いる事なんてたやすいこ…

ブログを書こうと思ったけれど

友人のブログを読みながら、このように書いてみようと思い下書きしていたものの、読み返すとコレが自分で読んでも最初の五文字ぐらいから全く読む気が起きなかったので、こいつはもうだめだな、排泄するようにペペッとキャプチャでも貼ってそれでおしまいっ…

SF100冊読みました。

気づいたら色々ここ五年ぐらいで出来た友達に文学好きが多い。 あんまり小説や本というものを読んでこなかったので、近頃は 「本の話されても全然わからねえ…」という焦燥感に駆られ初めていた。 そんな折、何かと話題の伊藤計劃「虐殺器官」を読む機会があ…

就職しました。

というわけではなくて 夏前ぐらいから正社員としてずっと働いているのだけれど 特にはっきりは言ってなかったなと先刻気づいた。 また小さな事務所でグラフィックデザイナーをしている。 渋谷区在勤なので近い人は仕事終わりに食事や飲みになど行こう。 そう…

北海道雑感

北海道雑感。 同じ事を何度も書いて申し訳ない。 鈍行で北海道に行くのはスゴくハードというわけではなかったけれど、 誰か他の人と一緒にやるにはちょっとつらいかもなと思った。 行って帰ってくるのに丸三日、七十二時間かかっているんだけれど、 これは殆…

なんで北海道なんかまで行ったのか

先週の土、日、月とかけて鈍行列車で札幌まで行ってきた。 なぜ行ったのかと聞かれても一言では中々言いがたい。 色々な理由が重なった結果だけれども最終的には特に意味はない。 去年の終わりにふらりと18切符で甲府へ行ってからというもの、 東北、関西と1…