読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離

つい2ヶ月ぐらい前にも行ったのに、

卒業して久しい大学に行ってきた。

さすがに大学生は若い。

 

大学4年の時にふと周りを見渡すと、

周囲があんまりに若く見えたんで妙に焦ってしまった記憶がある。

鏡にうつる自分は幼い頃から老けて感じないのに

過去を振り返ると、どんどんその時その時の自分が

若く見えてくるもんだから

一枚緩衝材噛ませて自分の老いを毎年感じる。

 

二十歳を過ぎた頃、時間が過ぎ去ってく事の呼び方が

成長から老いに変わる事をなんとなく感じていたんだが

それもなんか忘れてた。

きっとかなり多くのものを忘れて置いてきてるんだろうに

思い出すキッカケもないし、永遠に忘れてしまいそう。

 

この前実家に帰った時に、本棚眺めて思ったもんな

こっちの家に持って来なかった大量のノイズが溢れてて。

高校生にもなって小学館の動物図鑑とかわざわざ買ったり

フランスの漫画って格好いいよなーっていって読んだり

そんなん忘れてた。

そういうことを忘れてた事自体よりも

他にもあるんだろうなーっていう沢山の事柄に思いを馳せて

空恐ろしいよな、忘れるって、と思ったりした。