読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソジャケ

音楽のレコメンドはありがたいというような話をきいた。

そういえばtwitterでは何を聞いただのよく書き込んでいる。

なんだか不思議とレコメンドと言われて違和感があって

そういう意識なかったんだなぁと気づいたりした。

飯くったら美味かった、に近い。

今日は音楽について書きこもうと思う。

 

 

世の中には見るだに脱力してしまうような、

残念なジャケットをまとって発売されるレコードがある。

そんなものを「クソジャケ」と呼んで愛好する者達がいる。

ネーミングからわかる通りみうらじゅん直系の概念で、

独特のローファイ感からセンスオブワンダー、もののあはれ

感じて楽しもうという貴族的な趣味にほかならない。

 

クソジャケ界には定番というものがいくつもあって

特に断りがなくても素で大体ダサいメタル界は

佳作が多いことでよく知られている。

 

f:id:ll-ll:20120330232906j:plain

例えばイングウェイのTrilogyは、ロックにハマった中学高校生を

TSUTAYAで爆笑の渦に落としこむ。定番、マスターピースと言える。

ポーズ、ギター、炎、ドラゴン、なんかしょっぱいイラスト、

どっから突っ込んでいいか分からない。

 

f:id:ll-ll:20120330232707j:plain

イングウェイほど言語化が容易いわけではないが

マノウォーもまた味わい深い有名なクソジャケだ。

彼らがどんなバンドなのかは実は寡聞にして存じあげないのだが

「俺らは筋肉がついている」以外のメッセージは特に感じられない。

音楽はそんなに変じゃないのに…

 

二枚、定番のクソジャケを紹介したが、

音楽を愛するものであれば、一枚や二枚は

心にクソジャケを秘めているものだ。

 

f:id:ll-ll:20120330230254j:plain

個人的に圧倒的なのは冨田勲のバッハだった。

何かの間違いじゃないかと一瞬思ってしまうがコレで間違いない。

冨田勲にもバッハにもどっちにもマッチしていない。

多分、シンセサイザーのサイバー感を表現した

ギラギラした色合い、wordで作ったんじゃないかというような表現。

書いてみると気持ちがわかってくる気もしてくるのだが

一体意思決定のプロセスに何が起きていたのだろう。

 

冨田勲のバッハは今まで圧倒的に自分の中では一位だったのだが

今日、メジャーなバンドでそれを凌駕せんかという勢いの

クソジャケを発見したのでそれをご紹介しよう。

 

f:id:ll-ll:20120330230257j:plain

YESのベスト盤なんだが、どうしてこうなった。

技術の時間に高校生が習作で作ったのかと邪推したくなる。

雲模様2フィルタとグラデーションとジャケット画像の賜物だ

YESロゴが上部センターに、という

フォーマットが踏襲されているせいでかろうじて

YESというバンドのジャケットに見えるのだが

これがなければ何がなんだかわかるまい。

新品の画像なのに既に中古の風格がある。

公民館や図書館のCD貸出コーナーにくたびれた状態で

陳列されているのがありありと想像できてしまう。

クソジャケ界でもかなり攻めた一枚である。

 

 

今回は四枚しか紹介出来なかったがクソジャケの道は深い。

皆さんもオススメのクソジャケがあれば是非教えていただきたい。