読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会う

twitterを始めてから、ネット越しに知り合った人と

実際に会ってみる機会が大変に増えた。

昔は顔も知らない人間と待ち合わせる事は

妙に如何わしいように思っていたのだけれど、

今では如何わしいと思いながら楽しいのでよくやっている。

「君たち、人殺しの顔を見たくはないのか」とはいうが

たとえ人殺しでなくても知った人間の顔は見てみたいものだ。

 

どんなツラなのか拝んでみたいという欲求が強いので

写真共有サービスのページは最後まで繰ってみる。

なるほどこんなツラかという納得を得てみる。

そうまでして顔をみたはずなのに、全然顔知らん状態で

会ってそこで驚く方が楽しいなぁと段々感じてきた。

文章だけ読んで勝手にどんな人物なのか想像するのは楽しい。

会って二三言しゃべるのが輪郭だとしたら言葉は内蔵で、

内蔵のなした輪郭がどういう形をしているのかの答え合わせは

それがあっていようといまいと楽しい判じ絵のように思う。

 

知らない人間をこんな人間だったのかと察するのもいいのだけど

知っている人間の書く文章を読むと、時にまったく自分が

その人間に関して知らなかったのだと思って驚く。

ふわふわした人間や、これといって饒舌でない人間が

時におかしな理屈や毒を唾棄しているさまに出会う。

隣人が月の光を浴びて狼男にでもなったかのようで、

見知らぬ人間が見知らぬ人間だったというギャップよりも

よほどギョッとするものがある。

いまはどーでもいい存在みたいになってるmixiだけど

そういう体験をするには良い仕組みだった。