読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い肌をしてるあの子は

このブログ、数日間だけ「一文をどんだけ長くするか」

みたいなゲームをしていたんだが、飽きたのでよした。

しかしそれはそれとして、文章一つかくにしても

ゲームとして楽しめるのかぁというのは

自分にとってはちょっとした発見だったりする。

 

石ころ蹴っ飛ばそうが縁石の上を歩こうが楽しいわけで

よく考えたらそういう事は何に対しても出来るかもしれない。

ルールを作ってしまえば守るのが楽しくなるのかな。

 

 

「あなたって◯◯な人だよね〜」とかって

人から言われる事は誰しもあるんじゃないかと思うけど、

その言われたことを今度は人に

「わたしって◯◯な人って言われるんだ〜」とかって

言った途端になんだかスゴくどうでもよくなってしまう。

 

「友達の友達が経験した話」もなんかそうで

自分にとっては友達の友達、顔も名前もわかっている人であっても

それを人に話すと、おかしないかがわしさが漂ってくる…。

 

 

 

ここ数年、誰かの身の上話を聞くと大概なにか

感心するような苦労話や身を持ち崩した話が出てくるので

全く平穏無事な人生を送ってきた人間に遭遇すると

「え!君ってスゴく普通だね!珍しい!」と

日本語としてよくわからない感想が出てくる。

最近は平穏無事な人生譚が聞きたい。