読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metamorphosis

個人的に変態は好きなのだけれど、最近、変態が分からない。

というか自分のなかで「あぁ、これは変態だな。」

と思える範囲が徐々に徐々に狭まってきていて

思い返せば変態とはなんだったのかあやふやだ。

以前は漠然と世間の常識から逸脱している行為の事を

変態的なものと呼んでいるように思っていたが、

もし本来的に少なくない人数がしたいと思ってはいれども

堂々とは出来ないような行為があったとして、

(例えば好きなコのリコーダー舐めるとかそういうやつだ)

常識から逸脱しているが、もし実践したからといって

大しておかしい趣味だとは言えないように思えてきた。

その結果どんどん変態領域が自分の中で狭まってきている。

 

どうも行為というよりはどちらかというと精神面に

よりどころがあるような気がしている。

多少のアブノーマルな行為でも実践出来るというだけでは

あまり変態性を感じない。没入が必要に思う。

逆に言えば極めてノーマルでもそれが好きで好きでたまらず

実践中、極度に没入するのであれば変態を感じる。

ただし、極度に不清潔であるとか、危険を伴う行為など

実践出来るというだけで十分におかしく感じるものもある。

あるいは言い換えると、かなり共感が難しい行為や

実行しようと思っても容易に出来ない行為に関しては

なされているだけで変態的だと感じる。

電信柱に欲情するとか、害虫が好きでたまらないとか

全国のマンホールの柄を魚拓みたいにして三百枚収集したとか

そういうのは多分、変態だ。

 

以上は完全に俺ペディアの編集作業であって

世間一般の変態観に何ら役に立つものではない上に

それを変態と呼称する必然性すら、もしかしたらない。