読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギン地獄変

迂遠に表現されたものごとを受け取る能力が欲しい。

別に人と話している時の話ではない。

映画や小説やお芝居や、そういうものの中で

表現されたものごと、読み取る能力が低い。

文学というものを読んで来なかったからかなと

思っているけど定かならず。

もしかしたらそれはぶちまけたペンキの跡を見て

みてみて、あそこにペンギンさんがいるよ、

みたく勝手にないもの読み取る運動なのかもしれない。

しかし、いいじゃないか、俺はペンギンさんが見てみたい。

 

そこにいないかもしれないペンギンさんだが

実は二人でなでまわすとなんとペンギンさんが

そこにいるのとそんなに変わらないのだ。

三人でなでまわすとよりペンギンさんは輪郭を確かにしていき

三万人がなでまわすとペンギンさんはとうとう存在してしまう。

オーノーだズラ!俺にはペンギンが見えない!

即ち、俺はその見えざるピンクのペンギンの風下から密かに近づき、

捕縛し、デイパックに詰めた後、速やかに都立葛西臨海水族館へと

搬送し、受付で「王様のブランチ見たよ」と告げる事によって

ペンギンは父、ジオン・ダイクンの元に召されるであろう。