読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝とか小説とか

人に感謝を示すのは難しい。恩を返すのは難しい。

心地よくさせるのは難しい。なんか、どうしてか難しい。

どうも感謝や慎みや申し訳というものにどうもに欠く人間なので

あんまり考えたことがなかった。

その気になったら人の恩に報いる事なんてたやすいことだと、

ワンクリック、ボタンポン、レンジでチンといった

具合に思っていたのだけど、どうやらそうでもない。

ありがとう、に笑顔を添えるのはともかく

それ以上のこととなると案外考える事が多い。

一体その人何をしたら喜ぶんだ。

 

自分に関して言うならば、何がしか困ったときに世話になる人には

感謝してもしたりないし、助けて貰って大変うれしいのだが、

困ってもいないのに、例えばモノを与えられるとか

されても、ちょっと困る気がする。

それで自分が困ってる時に助けてもらった人に、

何かお返ししようとしても、発想が貧困な自分には

とらやの羊羹でも買って、差し上げる程度のことしか思いつかない。

発想、そう、あんがい恩返しというのは

クリエイティブな事なのか、と認識した。

もちろん、きっとそんなことはない、と思う。

クリシェでいいのにそれをしらないだけだろう。

 

 

___

 

 

 

周りに文学を読む人が増えたので本を読もうと思ったのだ、

と、以前SF百冊を読んだときにブログに書いた。

しかし終わってからふと気づいた。

俺の友達にSFマニアなどいないことに。

やれあの作品がよかったこの作品がこうだったなど

アハハウフフと話せる人間など実の所そうはいない。

あぁこれは間違ったぞ、と思った。

しかし結局今日も図書館で八冊ほどSF小説を借りてきているし、

なんだかんだで読みたいから読んでいる。

何かを好きになるという事はとても価値があることだから、

間違ったが間違いではなかったということにしておく。

 

にしても小説は読み終わればいいので気楽だ。

例えば「薬事法について百冊本を読みました」と

ブログでのたまったとする。

きっと、それでどれだけ中身を理解したものだか

問いただされるだろうし、その度合によっては

意味ねーじゃん的な批判の矢面に立つことになる。

でも小説は、小説を読んだことで何がどう役に立つか、

何をどう身に付けるのが正解なのかなんてない。

とりあえずは一度は読んだんですよという

体験の堆積だけでいい。お勉強に比べたらお気楽この上ない。