読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見る聞く読む

未だにビートルズの全部のアルバムを聞いたことがない。

すでに全部聞いてしまった人は、もうビートルズの新曲を

聞くことは未来永劫ないのだが、その点、

自分はまだ四枚も五枚も知らないビートルズの曲を体験出来る

 

どうだ羨ましかろう、と。

 

 

 

 

 

漫画は好きですか、アニメは見ますか、

音楽はどんなものを聞きますか、などなど聞かれると、

皆きっと沢山好きなモノがあって饒舌だろうなと思うし、

きっと自分もそうだと思っていたのだけど、

今日はそのような質問を実際にされてみて

口をぽかんと開いたまま何を答えていいものかわからなくなり

どうしていいのかわからなくなってしまった。

 

アニメはどんなものを見るのか、と聞かれた。

幼稚園の頃ガンダムに熱中したこと、

小学校の時、AKIRA攻殻機動隊をみて衝撃を受けたこと、

中学や高校ではアニメって格好いいなと思っていて、

主だった劇場アニメ作品はかなり潰した筈だったのだけど

それらは全く思い出すことはなかった。

 

対話していた者が「あぁ、アニメはあんまりみないか…」

と口から漏らすほどに何一つ挙げることなく話題は終わった。

漫画に関してもそのようなものだったので、

相手はきっと漫画もアニメもあまりみないのだな、

と思ったことだろう。

 

どうも「何が好きか」という質問の投げ方が

良くないように思えてきていて、

別に自分でなくともこのような質問を投げられれば

皆一様に果たして自分がどんな人間であったか答えに詰まり

結果全くの無知白痴であるかのように振る舞ってしまうのではないか、

そんな風にすら思ってきているが実際どうなのか。

 

もはやドラゴンボールを愛で続けて早二十年、

寝食ドラゴンボールと共にし、部屋はあたかもグッズの腐海のようで、

さだめし賃金の全てをドラゴンボールにつぎ込んでいるのであろう

というような猛者なら格別、自分のような人間は

特に何かが好きで本を読んだりするってわけじゃあなく、

ただ読むのが楽しくてよんでいるのだから、

おしなべて程々の情愛を持って楽しんでいるのであり

特に何かが好きだということはないんじゃあないのか。

 

好きな食べ物はなんですか、と聞かれて餃子と答えたとして、

納豆飯やシチューだって当然好きなのだし、

また答えに詰まったとしても、世間一般に人が

口に運ぶようなものは大概食べているのだから、

そのことで、モノ食わぬ人類と思うということもない。

 

屁理屈に飽いたので 了