読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイ、アムヨアファーザー(デーン)

私は貴方のお母さんじゃない、は男女間の常套句だが

臆面もなく「お母さんみたいな人と付き合いたい」という人を見た。

なんでも許してくれる、受け入れてくれる女性がいいと、

言うのだからまぁ、忌まれる要素そのまま志向していることになる。

グロテスクだな、とは思わずにいられなかったけれど、

自分も言われた試しがないわけじゃあないので

いっそ宣言してるぶん潔いのかと考えたりもする。

 

母と父は永遠に他人だが親と子は永遠に他人ではないという事を

どっかで気付いて、何やら人間て孤独なんだなって思ったり、

そういうのの一過程なんだろう、私はお母さんじゃないっていうのは。

あなたが存在していることが私の利益になるという状況の強度が

強固なほど愛は深い、と云えなくない。一面の真実らしき感じがする。

きっとさにあれば私はあなたを肯定するだろうから、

肯定されたいという欲求の求めた先の関係が

そういう状況になるのはけだし必然なのだな。

 

時々、無為に肯定されたくなる時があるし、

そういうもんなのかしら。どうなのかしら。たいのおかしら。

過不足なく肯定されるのは心地が良いことだ。

不足はともかく過ぎたるはなんとやらという部分が難しい。