読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の顛末 5

二日目

 

朝起きて朝食を頂く。二日目は移動がなく、

純粋にレクリエーションと観光を目的としている。

何かみたいものはないのか、というので私が

「何か新興宗教みたいなものはないの?」と聞くと

なんと偶然にもオウム真理教(現アーレフ)の施設が

あるいて五分程度の所にあるとのことで、

散歩がてら見学と洒落こんだ。

 

今回の旅行で最も印象深く面白かったものの一つが、このオウム施設だ。

山の最上部に陣取った施設自体は入り口の山道しか見えず、

どうということはない。しかしその周縁に立てられた看板が迫力満点。

どれも「オウムは出て行け!」といった内容なのだが

特に一連の最初にあたる看板の文言はもはや

特撮ヒーローの各話タイトルにありそうな味わい。

 

f:id:ll-ll:20120825203243j:plain

 第二十五話「恐怖!VXガス」

 

 

完全にコンテンツとして抗議運動のほうが立っている。

オウムがどうとか言うよりこのゲバ文字の提供者に興味が湧く。

棒、ヘルメット、マスクで学生運動をしていた連中が

どういう経緯か滋賀の山奥に篭って、またハッスルしているのだろうか。

 

f:id:ll-ll:20120825203810j:plain

オッサン落ち着けよ
 
 
大変面白いものを見れて満足したあと、さて今日はどうしようかと
ひとしきり話し合いをしたところで川に向かうことにする。
Y母、次女に車を運転してもらい、一行は川を目指す。
 
 
_
 
いい加減記憶があやふやになって来た。以降きっと短くなるだろう。