読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014

去年一年何をしていたのだか、あまり記憶がない。

漫然とすごして、そのまますうっと、すぎていったように感じる。

ブログを読み返して思い出すには、

一人暮らしを始めたことは大きな変化の一つではある。

そんなことも思い出せないのだから、きっと色々忘れている。

というより憶えていたいようなことがないのかもしれない。

 

憶えていられるものなら憶えていたいと思ったが、

押し入れをひっくり返して過去に出会うことは

一度忘れなければ出来ないのだから、忘れるのも悪くはない。

忘れてしまったもので記録もないものは、存在しなくなってしまう。

存在しないものが存在しないことは大した問題とは思わない。

たとえば、手元に三億円ないことを嘆く気にはとくにならない。

そうおもえば、ものおぼえがわるいことも、さして深刻でない。

記憶することも記録を残すことも娯楽と

割り切ってやればいい気がする。

 

中学や高校の自分が、今の自分を見たらどう思うだろう?

モテキを年末に見返していて思った。

主人公:藤本幸世は自分の職能的な現状や将来に関しては

余り思い悩むことがない。派遣でも、フリーターでも、無職でも、

それについて悩む時は全てそれによって

セックスが出来ないことについて悩んでいる。潔い人格だ。

中高生の幸世も三十になって無職なことを気にも留めない。

まぁ、そういうことで悩むのは別の作品にまかせればよい。

もし中高生の自分に今の自分を見せたら、感激するところと

失望するところがあるだろうな。